■表示内容
■ブランド名
■モデル名
■発売年
■ボディー材質
■ペン先材質
■ペン先
■インク吸入方法
■全世界限定数量
■発売当時価格

   
■PELIKAN
■研出蒔絵 ■回転吸入式
■M1000 孔雀 ■18金 ■世界限定111本
■2018年 ■Mのみ ■¥320,000-+税





研出蒔絵

蒔絵は漆器の表面に漆で絵柄を描き、その上に金粉、銀粉、プラチナ粉などを蒔きつけたもので、漆加飾法のなかでも最も芸術的で、その美しさは世界中に認められています。ペリカン蒔絵万年筆「孔雀」は研出蒔絵の技法を駆使して描かれています。孔雀は羽を広げた姿の美しさから、世界で最も豪華な鳥と言われています。また孔雀は神経毒に耐性を持っており、毒蛇や害虫を食べることから益鳥としても尊ばれ、さらに邪気を払う象徴とされてきました。

螺鈿と金平目を貼り金粉、銀粉を薄蒔きし、乾燥後に羽根一本一本に様々な色漆を塗りこみ、研出して艶上げを行います。孔雀の羽の目の部分は青貝の螺鈿で仕上げられ、目の部分は光のあたり方で色や輝きが変化します。ペリカン蒔絵万年筆「孔雀」は、日本が誇る伝統芸術の最高峰の技術とドイツペリカン社のマイスターのクラフトマンシップが調和した作品です。


戻る




港区南青山5-13-11 パンセビル1階
Phone:03-3400-3377
Open:11:00am > 20:00pm 水曜定休